2017年8月12日 (土)

NHK スペシャル

2017_4

皆さん、ここ最近 夏らしくカラッとせず、ちょっと涼しい日が続いていますが、如何お過ごしですか?  

『にんじん』も、2週目の後半です。

毎日、切なく 純粋な 震える少年の心と向き合い、背中を そっと押す(そして押される)毎日です。

まだ 2週間残っています。
観逃している方は、是非 劇場へ!

とっても 繊細なお芝居です…。

 

さて、稽古中 何度か編集の段階からお手伝いして来た NHKスペシャルが、 明日 8月13日 (日) 21時~ 放送されます。

2017_3

ほんの少し ナレーションをしています。
御興味のある方は、是非 こちらもチェックしてみて下さい。

http://www6.nhk.or.jp/special/sp/index.html

 

では、残りの夏も 悔いのない様に!

| | コメント (3)

2017年8月 1日 (火)

色々な意味で 熱い夏

2017

 

皆さん!
この湿気の多い猛暑☀
ちゃんと乗り越えられていらっしゃいますか?

それにしても 暑いですね!
前回の記事で 御紹介した「紫陽花」。
今年は色づき始めたのが早かったので 楽しみにしていたのですが、東京は 雨が少なくて、色合いが いつの間にか抜けて、何とも淋しい風情です。

梅雨らしい 梅雨、帰って来い!

一点に集中しなくていいんだよ!
届くものなら 大声で叫びたいですね!

でも 8月に入り、蝉の声が濃くなって 朝顔が活き活きと花開く 本格的な夏がやって来ました!

夏休みにワクワクした子供の頃の様に、ギラギラと照りつける太陽、向日葵と 西瓜に 花火。
矢っ張り 元気に夏を楽しみたいですよね!

さて そんなこの夏は、ひとりの少年の震える心をテーマに ミュージカル『にんじん』を 皆さんにお贈りします。

ルナールの名作!
夏休みの推薦図書には必ず名前が出ていた様に記憶しています。
演劇の世界でも、ライフワークに 『にんじん』を 公演し続けている方がいたりして、触れる機会の多い作品です。

今回は 先日亡くなられたあの「聖母達のララバイ」や「時間よ止まれ」の作詞を手掛けた、山川啓介さんの脚本・作詞に、音楽はあの「寅さん」テーマで有名な山本直純さん。
そして この作品が産まれた時に 「にんじん」を演じた大竹しのぶさんが、演出に栗山民也さんを迎えて、38年振りに 再び 「にんじん」と向かい合います。
山川さんの言葉も、山本直純さんの音楽も、38年の時を超えても 全く色褪せる事なく、僕の胸に飛び込んで来ます。
大竹さんは言わずもがな、愛おしくて、いじらしくて、思わず抱きしめたくなります。
また 栗山さんの演劇に対する言葉は 毎日のチェックの時に、矢張り 僕の胸に突き刺さります。

人生に音楽1なんて無いだろ? その音楽の中で 人生を生きろ!
科白と科白の行間と、間にこそ、演劇があるんだ。
馬鹿な役者が、馬鹿な事を 兎に角 精一杯演る。
それを観て、観客は 段々と心が揺れ出すんだ。
自然や、それぞれの懐かしい匂いや 思い出を、感じさせられる事が 演劇の醍醐味。
小さな村の小さな少年の震える心を伝える為に 板に立て!

言葉を並べたら切りが無い程の言葉が 1つの作品に向かう心に刺さります。

ここには間違い無く 僕の目指していた演劇がある!
そぅ実感する 毎日。

大事に 大切に この夏を生きたいと思います。

 

 

そして、ここで お報せです。

10月上演する作品が 情報解禁になりました。
未だ 第1弾なので、詳細は 追ってお報せ致します。

 

 Off-Broadway MUSICAL


I LOVE YOU,YOU’RE PERFECT,NOW CHANGE


第一弾 キャスト決定!

 

出演:阿部裕・木村花代・荒田至法・安達星来・水野貴以・伊藤広祥・今井瑞・池田海人

 

太古の昔、神が人類を創造した日より、我々は女と男の問題に悩ん で来た。

失っては求め、手に入れては失う 「愛」。

そこに潜む 真実や神秘、恋に悩む女と男を 6人の俳優が入れ替わり立ち替わり 演じ分け、ユーモアたっぷりに描いていく。

オフブロードウェイで 歴代2番目の上演回数を記録したヒットミュ ージカルを この秋 Scoreが再演。

演出に藤倉梓を迎え、実力派俳優陣でお送りする、愛に迷った全ての人に贈る ラブコメディー。
続報と共に、どうぞ ご期待ください 。



脚本/作詞:Joe Dipietro

作曲:Jimmy Roberts

演出:藤倉梓


公演日程:2017年10月21日(土)~29日(日)

劇場:日暮里d-倉庫

企画・製作:Score

Photo

| | コメント (2)

2017年6月12日 (月)

お報せ 色々

Photo

2017_2

桜が散り、躑躅の盛りを迎え、藤棚に溢れんばかりの青紫が生り、早くも 紫陽花が色付き始めた今日此の頃…。
皆さん、如何 お過ごしですか?
 
早いもので、あの『紳士~』の4大都市公演が終わってから、あっという間に 3週間が経ってしまいました。
 
今から思えば、初日前 この芝居本当に幕が開くんだろうか?
お客様に 本当に笑ってもらえるんだろうか?
何が正解なのか 皆目判らないフラストレーションの中で迎えた初日。
   
東京の中日を過ぎても、ざわざわした思いが消えない舞台。
大丈夫か?
そんな不安と 毎日闘う日々。
しかし 蓋を開けてみれば、お客様の反応も 評価も 段々と鰻登り。
そして それでも、未だ未だ 行ける筈だと、諦めない 出演者達。
そんな全てが 結集して、無事 名古屋での充実の大千穐楽を 迎える事が出来ました。
改めて、喜劇の難しさと、個々の力の偉大さ、そして お客様から頂くパワーの大きさを実感した3ヶ月間でした。
 
応援、誠に有難うございました。
 
ほんの少しだけ…休養して、又 次の舞台へと向かいます。
 
次へと向かう事が出来る。
本当に感謝です。
 
 
 
そこで お報せ  その①
 
次は 久々に松竹の舞台に立ちます。
ミュージカルデビューが 松竹の作品なのに、本当に御無沙汰…でした。
ミュージカル『にんじん』
 
8月1日~27日  新橋演舞場
9月1日~10日  大阪松竹座
 
 
大竹しのぶさんが、なんと38年振りに この役に挑戦するそうです。
然も演出は、あの栗山民也さんです。
 
2人の天才のタッグ!
 
面白くならない筈は無いと、覚悟を決めて 稽古に向かいます。
 
先行の締め切りも含めて、詳しくはHPをご参照下さいね!
 
 
 
そして お報せ  その②
 
早くも 来年のお知らせです。
日本初演から携わらせて戴いているミュージカル『ジキル&ハイド』が 再び帰って参ります。
 
2018年  3月3日~18日
東京国際フォーラム  C
 
 
こちらは、詳細が決まり次第、又 改めて ご紹介させて戴きます。
 
 
 
そして お報せ  その③
 
近々のお報せで 申し訳ございませんが、この6月14日と16日に 帝国劇場に於いて、本編終了後、『レ・ミゼラブル』30周年記念特別カーテンコールに 出演させて戴く事になりました。
 
出演日が中々決まらず、こちらだけのお報せになりますが、当日は『ワンディモア』と『民衆の歌』のコーラスに参加する予定です。
 
私の人生に、大きな誇りをくれた偉大な作品の30周年!
皆と共に 歓びを分かち合いたいと思います。
 
 
そんな お報せ 色々…でした。
 
先ずは 8月新橋演舞場で お逢いします。
 
そして、報告は これからも続くと思います。
 
引き続き、応援!
宜敷く お願い致します!

| | コメント (4)

2017年4月 8日 (土)

紳士

紳士

寒い寒い冬が長かった今年、その反動からなのか、暖かくなり始めたと思ったら、4月を通り越して いきなり5月の様な陽気、一気に気温が高くなりましたね。
桜も開花してから 満開となる迄、かなり ゆっくりとしたペースでしたが、いつの間にか 満開を迎え、そうした途端に 雨続き…。
でも、気温は高いから 去年の様に長持ちはしないのかなぁ??? …なんて。

今日も朝から 花散らしの雨、雨垂れの重さに ちょっと項垂れる桜、華やかさの中に 少しの憂いを魅せる姿…。
う~ん、嫌いじゃないなぁ…。

でも、何故か 頭の何処かで 「私 似合うでしょ ピンク!」 と叫ぶ女の姿が 頭から離れない!

付き合いも10年を越え、本性も熟知している筈なのに、おっ 意外と可愛いじゃん!
…なんて、不覚にも 思ってしまう。
いつ迄 経っても、男にとって 女性は魔物らしい。

えっ? 何の事かってぇ?

答えは、今日 幕を開ける お芝居を観れば、はぁ~んと 納得出来る筈!

そぅ!
『紳士の為の愛と殺人の手引き』
今日 開幕です。

人が バタバタ死んで行くのに、何故か 喜劇!
それも 謳い文句は “ 抱腹絶倒 ” らしい。

いやぁ… 稽古場は 本当に大変でした。
どうしたら 面白くなるのか?
皆んなで 頭をフル稼働させた4週間!

新作、然も コメディーを創るには 短過ぎるとも思える 稽古場でした。

そして、今日も 引き続き、初日前に 舞台稽古、振りが 又 変わるかも!?
変更が 多過ぎて、何れが 正解なのか?
頭と躰を繋げるのが た~いへん!

でも、それも 今日お客様が入って、皆様の笑い声がプラスされて 初めて、この芝居が 完成するのだと思います。

だから どんな完成形となるのか、出演している僕達も 楽しみでなりません。

さぁ、皆さん、一緒に 『愛と殺人の手引き』 を創りましょう!

久々の コメディー!
楽しみますよぉ~ん ♬

| | コメント (4)

2017年1月15日 (日)

飛行機雲

飛行機雲

皆様、大変遅くなりましたが、

新年明けましておめでとうございます。

本年が皆様にとりまして、素晴らしい年となられます様、心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞ宜敷くお願い申し上げます。

因みに、この写真 ベンチに座っている人は 全く関係ありません。
意味も 衒いもありませんので、悪しからず…。

今日、素晴らしい青空に 空全面を横切る様な 見事な飛行機雲が掛かっていました。
飛行機雲を見ると、ある大切なものを思い出します。
とっても大事なあるものを…。
きっと思いは同じなんだなぁ…。

…さて、やっと冬本番と思える様な寒さの中、空一面の飛行機雲に清々しく迎えられた今日、今年初めてのお芝居『ロミオ&ジュリエット』が 赤坂アクトシアターで開幕します。

再演を繰り返す人気のこの作品、フランスで生まれたミュージカルです。

言わずと知れたシェイクスピアの名作ですが、まるでロックコンサートの様な、レビューの様な、ちょっと普通のミュージカルとは違った作りになっています。

幕開きから最後まで 兎に角 若者達は動きっ放し!
そのエネルギーに圧倒されます。

この上なく清らかな恋愛!

そして最後には…。

面白く無い筈がありません。

ロミオのみならず、皆んな 我が子の様に愛おしく思えます。

そんな仲間達と、全ての人の人生をも変えてしまう様な清らかな愛に、3月迄 たっぷり浸りたいと思います。

…皆さんも 是非ご一緒に!

先ずは 赤坂で待っています。

| | コメント (2)

2016年10月20日 (木)

秋晴れ

Photo

爽やかな秋晴れになりました。
 
そんな青空が相応しい「光が丘」で、今日『RANGER』開幕です。
 
時の残酷さに 未だ 気づかず、夢と現実を模索する若者達と、現実の残酷さの中で、それでも 夢に立ち向かう大人達、そんな群像を お楽しみ下さい!
 
光が丘で お待ちしています。
 

| | コメント (2)

2016年10月 6日 (木)

RANGER

Photo_2

もう10月だというのに、気温30度を超えたり、台風が 未だ未だ続きそうだったり、地球温暖化、日本亜熱帯化が 確実に進んでいるのかなぁ~?

う~ん、心配だぁーっ!

皆さん、お躰 大丈夫ですか?
いつもと 様子の違う季節の変わり目、体調管理に お互いに気を付けましょう。

ですが、一歩外へ出ると この時季は金木犀の香りが満ちていますね。
この香り 大好きです。
早く この香りの似合う 素敵な秋が訪れます様に!

そんなこんなの 今日此の頃、毎日 埼玉まで出掛けて、『RANGER』の稽古に通う毎日です。

この話、僕自身幼い頃から思春期の入り口まで、夢中になって見ていた(本当は、戦隊物が始まる前に卒業してたんだけど…。
この芝居の元案となった市川森一さんの書いた『私の愛したウルトラセブン』の方が 自分の幼い頃にぴったりなんですが…。)ヒーロー番組を、命を掛けて創り上げた 人達の生き様を描いた群像劇なのです。

ネタバレすると、僕の役のモデルは 実在するウルトラ作品を創り出した脚本家なのです。
フィクションとは云え、実在する人物を描く時は 気を一層に引き締めます。
彼が 沖縄出身という事で、先頃の知事逮捕の事件とも合わせて、彼の書いたウルトラ作品を色々な解釈で書かれたりもしていますが、僕は基本的に、子供達が瞳をキラキラと輝かせ乍ら 見てくれるSF作品を純粋に愛し、そうした作品を純粋に書き続けたいと思い続けた男を 演じたいと思っています。

10月20日~23日迄、光が丘IMAホールにて上演です。

これから 稽古の追い込みに入ります。
皆さん、是非 楽しみにしていて下さいね!


そして、お知らせが 2つあります。

「来年の事を言うと鬼が笑う」とも言いますが、聞いて下さい!

年明けの 1月15日~2月14日 赤坂ACTシアターにて
2月22日~3月5日 梅田芸術劇場メインホールにて
『ミュージカル ロミオ&ジュリエット』に出演します。

そして もう1つ、『紳士のための愛と殺人の手引き』
4月8日~30日 日生劇場にて
5月4日〜7日 梅田芸術劇場メインホールにて
5月12日〜14日 博多キャナルシティー劇場にて
5月19日〜21日 名古屋芸術劇場大ホールにて。

鬼が 笑っても良い!
早目に 御連絡を頂けると嬉しいです。
詳しくは こちらを御参照下さいね!
 
 
それでは、来年の春過ぎ迄 走り抜きます!
どうぞ 応援宜敷くお願い致します。
では、一先ず 光が丘でお会いしましょう!
お待ちして居ります。

| | コメント (3)

2016年8月16日 (火)

残暑厳しき折り…

Photo_5

『ジャージー・ボーイズ』 の終わりと共に、猛暑がやって来ましたね!

皆さん、暑さにやられていませんか?

今年は 6月の稽古に、自転車で通ったり、1日1万歩以上歩く習慣から、こんなに焼いたのは何年ぶりだろうと思う程、久しぶりに真っ黒に日焼け!
腕にはクッキリとTシャツの跡が刻まれてしまいました。

しかし、太陽の恩恵をしっかりと身体に刻んだお陰で、稽古、本番と夏風邪をひく事も、喉を壊す事も無く、元気に乗り切る事が出来ました!

夏…と言えば、僕等世代は “ 蝉に スイカに 花火に 朝顔!”
散歩途中に 懐かしい朝顔を見つけて、思わず シャッターを押してしまいました。

『ジャージー・ボーイズ』、皆さん 楽しんで戴けましたでしょうか?

新作の幕開けはいつもの事で、ギリギリ迄の四苦八苦の準備で、不安全開の中で幕を開ける事になるのですが、今回も そりゃぁ不安だらけの幕開けでした!
ところが、蓋を開けてみたら、連日の満員のお客様と その盛り上がりに助けられて、お客様が入って、初めて成り立つ 素敵な舞台となりました!

舞台では、14役を演じるという普段の舞台では考えられない様な経験をさせて戴き、兎に角、毎回1発勝負の繰り返しで、千穐楽の最後の1回まで、緊張感の途切れない舞台でした。

その緊張感の中での1ヶ月の公演は、心身共に疲れ果てましたが、カーテンコールでの客席の皆さんの本当に楽しんでいらっしゃる姿を拝見して、勇気を沢山沢山 頂き、最後まで乗り切る事が出来ました!

応援、本当に 有難うございました!
いつもの事ですが、心より 感謝しています!


『ジャージー・ボーイズ』 も、藤田俊太郎という 若き才能溢れる演出家と出会わせてくれましたが、次に挑戦する 『RANGER-レンジャー』 も また、より若い演出家との初めての作品になります。
 
彼女の名は “ 藤倉梓 ”、脚本、作曲、演出とマルチにこなし、オリジナルミュージカルを創り出す 素晴らしい才能の持ち主です。
 
彼女とは 『BARE』 の翻訳で関わってくれていた時に一度 御一緒させて戴いていますが、彼女のオリジナルの作品で演出を受けるのは初めてで、とても楽しみです。
  
藤田さんも そうでしたが、若き才能がどんどん現われて来ます。
この波に乗り遅れない様に どんどん挑戦して行かないと…と、身を引き締めています。

物語は、ある特撮番組に命を賭ける1970年代のテレビ業界に生きる大人達の、その仕事や人生と向き合う群像劇です。
そう!
1970年代と言えば、正に 私達の青春時代!
黙っている訳にはいきません!
時代を知っている人間として、作品の力となれる様 頑張ります。

詳しくはこちらのHPをご確認下さい。

http://abeyutaka.com/

さぁ 皆さん、残り僅か、過ぎ行く夏を思いっ切り楽しみましょう!

| | コメント (3)

2016年6月29日 (水)

奇跡

Photo_4

正に梅雨…そんな空模様!

でも、この夏 何かが起きそうな予感です!

ハナミズキの香りの頃 歌稽古が始まり、あれよあれよと言う間に 今日を迎えてしまいました。

ベトナム戦争という闇を抱えた 混沌とした60年代に、奇跡の様に生まれた伝説のグループ「フォー・シーズンズ」。
唯のチンピラだった彼等を大スターへと誘ったのは、特別な意思も持たない、普通に60年代を生きる民衆の力だった。

この正に奇跡の物語、『ジャージー・ボーイズ』が、若き、新しき演劇の担い手(僕が勝手にそう呼んでいるだけだが…)藤田俊太郎の演出で、今日 プレビュー公演で いよいよお披露目されます。

僕の今迄の演劇的常識では成立し得ない様な事が、見事に目前に広がります。

お陰様で、チケットの入手が難しい程の前評判を頂き、嬉しい限りの悲鳴ですが、この奇跡、1人でも多くの人に観て戴きたい!
そう 心から思います。

皆さん、これからひと月、僕等と共に 奇跡を創っていきましょう!

劇場で…!

| | コメント (5)

2016年4月30日 (土)

ゴールデンウィーク

Photo_8

『ジキル&ハイド』 に 夢中になっている間に、いつしか桜も終わり、ハナミズキやツツジが 咲き誇る季節になっちゃいました。
『ジキル&ハイド』 では 沢山の皆様からの応援を頂き、その中で素晴らしい仲間達と、最後まで楽しく充実した舞台を創る事が出来ました!
日本のミュージカル史に誇れる作品だったと自負しています。

本当に 有難うございました!

それにしても、今年は 変な気候で夏の様に暑い日が 未だ3月の始めの頃からあったかと思えば、強風と共に、急に冬が舞い戻って来たり…。
そして、そう 熊本では…。
明日は我が身が いつ起きても不思議ではないですね…。

長い長い戦いの日々でしょうが、冬は必ず春となる!
力強く前進して戴きたいと、心より祈ります。

出来る事は 何でもしたい!
心から そう思いますが、何も出来ないもどかしさの中で日々過ごしています。

そんな中 迎えたゴールデンウィーク、今日、今年初のシャンソンライブに臨みます!
何の力にもならないかも知れませんが、いらして下さった皆様の想いと共に、売り上げの一部を募金させて戴きたいと思っています。

今日は、やる度に1曲でも増やして行きたいと思っている シャンソンの新曲に、5曲 挑戦します。

他にも、ミュージカルの舞台のあの場面を間近で再現したら…という、いつもの試みや、小さな空間だからこそ、阿部から熱唱を封印したらのコーナーと、3ステージ、存分に楽しめる企画になっています。

もし、突然 予定が空いた方は、是非、銀座三越裏の、小さなシャンソンバー、「ボンボン」迄、お越し下さいね!

よし!  楽しむぞぉ!

| | コメント (2)

«J & H